どのダイエット方法が最適なのかを考える

どのダイエットを選ぶべきなのか

なぜ太るのかは簡単な理論で、摂取カロリーが消費カロリーを上回るとおきる現象です。

 

 (摂取カロリー > 消費カロリー) という状態が続くと = デブになる

 

理論的に数式っぽく表してしまうとこんな感じになっちゃいます。

 

 

食べる量(摂取カロリー)


 

運動の量(消費カロリー)

 

極端な話、食べないと絶対太りません。飽食な世の中になってしまい、必要以上に食べれるため太ってしまうのです。昔は肥満といわれる人はほとんどいませんでした。肉食系動物に例えるとよくわかりますが、デブだと確実に獲物をとれないですよね。自身の生死が関わると当然太らないわけです。

 

太る理論は誰でもわかりますが、ここで太る人と太らない人の体質の違いや、摂取カロリーが増える太る外面的原因、環境的要因なども考えていくと、ダイエットをするときには効果的です。こちらはダイエットコラムを参照してください。

 

体質や要因の違いが様々あるように、肥満を解消する方法も多数あります。要因がはっきりしている場合はその要因を取り除くのが一番手っ取り早いですが、それが無理な場合は、

 

 (摂取カロリー < 消費カロリー) という状態が続くと = 痩せる

 

の法則を成り立たせるためのダイエットの種類から1つ〜数個、実践していく必要があります。ダイエットの種類はたくさんあります。食事制限関係やエクササイズ関係、極端な例でいくと手術という方法すらあります。手術以外の方法は継続性と、リバウンドをさせないためのメンタル的な努力なども必要となります。自身に最適な方法を選んでダイエットを成功させてください。

 

思い立ったらすぐ行動です。

 

いつ痩せるんですか?

 

今でしょ!

 

ダイエットの種類記事一覧

絶食での断食ダイエット

食事制限系のダイエットの頂点にたつのが、そもそも食べないという絶食ダイエットです。水だけ飲めば人間は数日間は十分に生きていけます。食べない事でどんどん痩せていきますので、効果は絶大です。ただし、食事を出来る環境があるのに、食べないというのは絶大な意思の力が必要になります。よっぽどの衝撃を受けるような...

≫続きを読む

 

置き換えダイエットで痩せる方法

カロリーの摂取=食事カロリーの消費=運動と考えると、ダイエットはカロリーの消費 > カロリーの摂取という状態を保つことによって痩せる事が可能になります。ダイエット成功後はカロリーの消費 = カロリーの摂取の状態を維持することが必要となります。置き換えダイエットはリンゴダイエットお手軽で効果のある人気...

≫続きを読む

 

低炭水化物ダイエットは注意が必要

アメリカのロバート・アトキンス博士が考案したダイエット方法だが、本人は心臓病を患っており、体重が116kgあったため転倒による頭の強打によって昏睡状態を原因として死亡している。このダイエットが話題となり人気がでた理由は、カロリーを気にせずお肉を食べ放題といった、今までのダイエットの常識を覆すものだっ...

≫続きを読む

 

朝バナナダイエットの方法と効果

朝バナナダイエットが考案されたコンセプトは我慢しない時間をかけないお金をかけないといったポイントが考えられており、ないないずくしでとてもありがたいダイエット方法なんです。mixiのコミュニティ「朝バナナダイエット。」といったものもあります。朝バナナ株式会社なんて会社まで作られちゃっています。テレビで...

≫続きを読む

 

トレーニングジムLIVITO(リビト)でダイエット

一人でダイエットを続けるには知識もなく心細い、そんな時はトレーニングジム型のLIVITO(リビト)でのダイエットに目を向けてみてはどうでしょうか?ジムに通いながらマンツーマン指導を受けることでモチベーションを保てる環境が出来上がります。美しく綺麗にやせるのがLIVITO(リビト)のダイエットです。美...

≫続きを読む

 

美容整形の脂肪吸引でダイエット

美容外科が全国各地に広がり、誰でも気軽に美容整形する時代になりました。芸能人なんかはその最たるものです。そんな中でダイエットについても美容整形で脂肪吸引という形で痩せれる方法がすごく人気が出ています。脂肪吸引は、皮下脂肪を特殊な吸引管で取り除く手術を指し、皮下脂肪に悩んでいる人、部分的に脂肪を取りた...

≫続きを読む